駅メモで全国を旅するブログ

主に鉄道旅の旅行記や過去に見たスポットや車窓の紹介、たまに駅メモ攻略など、旅が少しでも楽しくなる情報をお届けするブログです。

スポット紹介:南町田グランベリーパーク(東京都)

東京都町田市にある「南町田グランベリーパーク」のご紹介です。

東急田園都市線の「南町田グランベリーパーク駅」や、南町田グランベリーパーク内の一部の施設について共有します。

※本記事で掲載する写真は、全て2020年2月13日に撮影しました。

 

こちらのツイートを詳しく見ていきます。

 

 

 

 南町田グランベリーパーク


 

f:id:cosine_travel:20200526004530j:plain

南町田グランベリーパークは、2019年11月13日にまちびらきをした商業施設・駅・公園などが一体となった再開発エリアです。

かつてこの地にあった商業施設「グランベリーモール」が2017年に閉店し、2年後にパワーアップをして「南町田グランベリーパーク」として生まれ変わりました。

 

南町田グランベリーパークは、東急田園都市線の「南町田グランベリーパーク駅」から直結です。

2019年9月30日までは「南町田駅」として営業していた駅が、2019年10月1日に駅名を改称して駅の雰囲気も様変わりしました。

南町田駅時代には準急は毎日停車、急行は土休日のみの停車でしたが、南町田グランベリーパーク駅になってからは準急・急行ともに毎日停車となりました。

 

町田駅相模大野駅からは、南町田グランベリーパークへと向かうバスが運行されています。

小田急線を利用される方は中央林間駅で、JR横浜線を利用される方は長津田駅東急田園都市線へ乗り換えることをおススメします。

 

f:id:cosine_travel:20200526005812j:plain

南町田駅時代にはこじんまりとした駅でしたが、大きな階段もあって開放感がある駅に生まれ変わりました。

 

f:id:cosine_travel:20200526005848j:plain

南町田グランベリーパークには「スヌーピーミュージアム」があるので、中央林間方面の下りホームではスヌーピーがお出迎えです。

駅構内で人工的な滝が流れているのも素敵です。

 

ちなみに、「スヌーピー」は犬のキャラクターの名前であり、スヌーピーが登場する漫画のタイトルは『ピーナッツ』です。

 

f:id:cosine_travel:20200526005908j:plain

大きな階段を上った先の改札を通ると、グランベリーパークの入口です。

改札周辺には、1階はパン屋・カフェで2階はグリル料理を楽しめるレストランの「THE CITY BAKERY」(写真右側)、珍しい調味料などを購入できてコーヒーの無料サービスもある「KALDI」(写真左側)などがあります。

 

f:id:cosine_travel:20200526010830j:plain

多くの店舗は、改札前の広場を抜けて橋を渡った先にあります。

この写真は、橋を渡り切った地点で撮影しました。

ここから左に行くと「スターバックス コーヒー」、右に行くとゲームセンターの「セガ 南町田グランベリーパーク」などがあります。

 

f:id:cosine_travel:20200526011001j:plain

こちらは、鶴間公園の近くにあるエリア「Hillside Villa」です。

大きなリスのオブジェは、同じく町田市内の薬師池公園の近くにある名所「町田リス園」とのコラボ企画で設置されたものです。

予定されていた展示期間が過ぎたので、2020年5月現在は撤去されているようです。

 

ちなみに、写真右奥に見えている明かりの集合は、横浜市瀬谷区にある住宅地「マークスプリングス」です。

マークスプリングスは、TVドラマ「アットホーム・ダッド」や「鬼嫁日記」などの撮影地にもなりました。

 

f:id:cosine_travel:20200526011049j:plain

ラーメン店「AFURI」は、Hillside Villaが見えるセントラルコート1階にあります。

煮卵の奥に見える細いメンマが印象的で、鶏ガラが感じられる美味しいラーメンでした。

食券券売機は、クレジットカードや交通系ICカードはもちろん、AlipayなどのQRコード決済と様々な種類のキャッシュレス決済に対応していました。

 

関東で唯一、ケンタッキーフライドチキンをビュッフェ形式で楽しめる「KFCレストラン」も、南町田グランベリーパーク内にあります。

自分が好きなフライドチキンの部位やビスケット、サラダやパスタなどが食べ放題です。

実際には行ったことはないですが、いつか行ってみたいです。

 

f:id:cosine_travel:20200526011248j:plain

「mont-bell」には、ロッククライミングカヤックを体験できる施設があります。

「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」や「出没!アド街ック天国」などのTV番組でも登場した場所です。

 

南町田グランベリーパークは駅直結で電車でのアクセスは良好ですが、自動車でのアクセスも良好です。

東名高速道路横浜町田ICから南町田グランベリーパークまでは、車で3分ほどです。

横浜町田ICの近くには「東京・湯河原温泉 万葉の湯」もあるので、遠方から車で来られる方は南町田グランベリーパークで買い物などをして、帰りに万葉の湯でゆっくり、なんて楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、1969年5月26日は大井松田IC~御殿場ICが繋がり、東名高速道路が全開通した日です。

これにより、東京ICから名神高速道路の西宮ICまでが高速道路で繋がりました。

そのため、今日5月26日に東名高速道路横浜町田ICからほど近い「南町田グランベリーパーク」を紹介させていただきました。

 

電車、自動車ともにアクセスが良好な東京都町田市の新たな名所、「南町田グランベリーパーク」に是非お越しください!

 

 

 

 南町田グランベリーパークの所在地


 

 

 

 

 南町田グランベリーパークへのアクセス(Google マップ


 

みなさんの現在地から、南町田グランベリーパーク駅までのルート案内が表示されます。

※PCで閲覧されている場合は、現在地と違う場所が示されている場合があります。

 

 


プライバシーポリシー